革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産業の経営者ならおこなったほうがいい青色申告

ビル

不動産関係などの賃貸住宅経営などを始める人は青色申告をしたほうが色々な特典が受けられ経営者は節税対策ができ税金面で有利になります。賃貸住宅経営などを始める人は所得税の確定申告を毎年行う必要があります。申告方法としては白色申告と青色申告があります。青色申告とは簡単に説明しますと、毎月の取引をきちんと記帳し記録、保存することを言います。ただし不動産所得や事業所得、山林所得がある方などが含まれます。基本的に申請書の提出は3月15日までとなっています。しかし途中で事業を開始した人は二ヶ月以内の提出になります。確定申告のもう一つに白色申告もあります。これは手間がかからなく比較的簡単なので素人の人でも記帳することができます。例えるなら家計簿や小遣い帳みたいな感覚です。白色申告は事業所得が20万超えの人が対象となります。これは会計のことは難しくて分からない人や、節税する必要のない個人事業主に向いている申告方法です。つまり、こういった節税対策制度があり、特典を受けられるので便利です。