革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

サラリーマンの不動産賃貸と青色申告

ビル

サラリーマンが不動産賃貸をする場合、勤めている会社からの給与所得と不動産賃貸から得た不動産所得とを合算して確定申告をする必要があります。この場合の申告については白色申告と青色申告を選択することが出来ますが、ぜひ青色申告を選択することをお勧めします。青色申告を選択した場合は、10万円又は65万円を所得から控除することが出来るためです。言い換えれば、どちらかを選択するだけで10万円又は65万円を経費にするということです。ただし、これには要件があります。それは、原則として複式簿記により帳簿を作成し確定申告の際には貸借対照表を添付することです。複式簿記と聞くと難しそうに聞こえて抵抗感があるかと思いますが、慣れてしまえばとても簡単です。貸借対照表についても難しく考える必要はありません。お持ちの土地や建物、預金などの金額を記録するだけです。なお、10万円と65万円のどちらを選択するかは、規模の大小で決まります。事業的規模であれば65万円、そうでなければ10万円です。